祈りの水奏 -inorinosuisou-


inorinoは学生時代の課題で作ったブランド名です。祈の”言葉”とか祈の”気持ち”の「祈の」 名詞として何か言葉を作ろうとした時に、意味も響きも美しくて、カタカナ、ローマ字の字面も美しいところからこの言葉ができました。私は祈るという動詞が好きでした。その言葉の存在そのものが。祈りというのはいわゆるお祈りだけではなく他者へのポジティブな集中力ではないかと思います。だからいろんな形の祈りがある。水槽は好きなはずと言われてずっとピンとこなかったもの。しかしいわゆる四角いそれでは無く、アンティークの大きな丸いガラスの水槽を見た時に、たしかに私はこれが好きだと思いました。知らないからこその誤解、気づいたら心底惹かれてしまう程の魅力。マクロビオティックや真理に触れるものたちはそういうものという気がします。いつか自分のプロジェクトの名前にしたいと思っていたinorinoと私にとってのパラダイムシフトの象徴の水槽、奏でるという字をあてて。

タグ:地域

友人にお弁当を作り始めました。最初の目標は週3回、同じ時間に完成させること。

ずっと、お弁当で何かを始めるときは名前をつけようと思っていて、◯◯屋にしようとぼんやり思っていました。プロジェクト名は水奏屋。主人へのお弁当作りがfacebookへの写真投稿で続けることが出来たように、モチベーションのためと、そして記録のためにブログも開設しました。

身内以外の人にお弁当を作ろうと思った理由は大きく2つあります。

一つは、お金をもらって何かを提供することで生まれる”責任”を負うことでしか得られない経験値が今の私にはすごく必要なことだから。(といっても、とりあえず最初の目標を達成するまではお金は頂かないつもりです)どうしても、主人に作るお弁当だと、集中力を欠いてしまうことがありました。どこかで気が抜けていて、焦がしてしまったり茹で過ぎたりっていうのが起こりやすい。身内以外だと集中しているからそういうことはまず起こらない。点火しているコンロ2つ同時にちゃんと意識を向けられるし、遅れたら届ければいいという安易な方に流れにくいので段取りもしっかりしようとする。

それに主人は(非常にありがたいのですが)基本的になんでも食べるし、残さないし、文句も言わないからだんだん味への追求心が薄れていってしまったりもしたのです。でも友人だとちゃんと美味しいものを作ろうという気持ちで集中して作れます。集中し、工夫もする。その中で発見したことの積み重ねは、今までとは全然違うと思うのです。もちろん今まで主人に作ってきたお弁当もたくさん勉強になったけれど、これからは責任をもって作る形での勉強をしていきたい。

もう一つは、地域のつながりを強くしていくため。これは先日「種市前夜祭トーク」で書いたことに繋がっています。

仲間や友人に美味しいごはんを食べてもらって、もっと元気になってほしい。同じものを食べることでの繋がりって絶対あるからそこも深められたらいいなとも思う。やっぱり美味しいものはみんな好きだし、きれいになれれば嬉しいし、仕事が出来るようになったら嬉しいと思う。だから料理スキルが上がれば上がるほど、マクロビオティックの臨床での知識が増えれば増えるほど、地域の人と仲良くなれるチャンスがあった時にそれが深まりやすいと思うのです。

私の住む街には、月に一回集まった人たちで朝食を作って一緒に食べる会があります。そこに参加していくことが、まずは直接的な地域の人との繋がりの第一歩。だからやっぱり料理スキルと知識は絶対あった方がいい。コミュニケーション力が全然違ってくると思う。野菜も近くの農家さんから直接買うことができるので、その時に直接色んなお話をして、地元の農家さんともつながっていきたいと思っています。

友人が世界平和のためにやっているプロジェクトがあります。それは一日一人10分間マッサージをすること。そしてそういうプロジェクトをやっていることを伝えて、マッサージをする人を増やしていくこと。世界中の人が一日10分でも相手の為を思いマッサージをする世界。それはとても平和な世界だと思います。

私にとってはそれがお弁当です。お弁当もマッサージも相手へのプラスの思いの集中力です。そういう”集中力”増やしていきたい。広げていきたい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

種市前夜祭トーク行ってきました。めちゃくちゃ良かった。全部、全部私が今飢えていた所の話。リアルな。

真面目に熱いってほんとかっこいい。三宅洋平さんだけじゃないんだ。こういう人が今たくさんいる。

種市などの企画を含めて種を守るための直接的な動きも大切。そしてもう一つ絶対に外せない生活に密着したリアルな地域の市民のネットワーク。私はそこをやりたい。昔の私だったら、直接的な動きのほうで詰めて追求してやっていこうとしたと思う。実際やりたいとも思った。でも、今はそれは本当に適している人たちに委ねようと思える。

私がやるべきことはそういう男性的な仕事が少しでもスムーズに動いていくための土台を作ること。それは女性的な仕事なんだと思う。彼らを直接”食”で支えていく環境を作ることもそうだけど、地域のつながりを作っていくこと。当たり前の人間力みたいなつながりで。

在来種の今取れた野菜これだけしかないよっていう状況や、初めての野菜で美味しいもの作れる人、というのは料理人としての人だけじゃなくて主婦力としてもすごく必要だと思うんだ。さらに言うなら、地球に負担をかけないための家事の知識とスキルだけじゃなくて、核家族で完結してるんじゃない、一人暮らしの自分の生活で完結しているんじゃない、近所づきあいの古いようでぜんぜん違う新しい形を作っていける力が。その中で色んな情報とか智慧が伝わったり残されていく、友達を超えた仲間が生まれていく。そこをやりたい。

最初は難しさを感じてた。地域ネットワークのための試みなのに、既存のシステムに慣れきっている人たちは今までのやり方でしかできない。目的を見ようとしない。手段だけをこなす癖がついていて。でも、本気で動こうとしたら現実が変わっていくのを目の当たりにしたし、何より同じことをやって頑張っている人たちがいる。

すでにはじめている人達がいる。そして彼女たちが口々に、信じられないくらいスムーズに受け入れられてタイミングも良くて、どんどん地域が変わっていくと教えてくれた。彼女たちには同じものをみている仲間がいて、そこで得たものを人々を含めた土地に還元して広めていっている。

仲間と、地域ネットワーク。

既存のものを変えていくのは難しい。だったら新しいものを作って大きな流れにして既存のものに外から影響していけばいい。小さく、人と人として内側でもつながりながら。

避けられない現実はある。あるものはある。それを何とかしようとする動きも必要だけど、「受け入れる。だけど従わない」という、かつて太古の日本人がやっていたこと。それを探って実行していく。それにはやっぱり戦うという姿勢じゃダメなんだ。外とは戦うんじゃないんだ。二元論になったら、今までと何ら変わらない。溶け合う一つになることが前提で、

戦うとすれば、それは自分との戦い。しかも笑顔で。力むんじゃなくて笑顔で。

このページのトップヘ