祈りの水奏 -inorinosuisou-


inorinoは学生時代の課題で作ったブランド名です。祈の”言葉”とか祈の”気持ち”の「祈の」 名詞として何か言葉を作ろうとした時に、意味も響きも美しくて、カタカナ、ローマ字の字面も美しいところからこの言葉ができました。私は祈るという動詞が好きでした。その言葉の存在そのものが。祈りというのはいわゆるお祈りだけではなく他者へのポジティブな集中力ではないかと思います。だからいろんな形の祈りがある。水槽は好きなはずと言われてずっとピンとこなかったもの。しかしいわゆる四角いそれでは無く、アンティークの大きな丸いガラスの水槽を見た時に、たしかに私はこれが好きだと思いました。知らないからこその誤解、気づいたら心底惹かれてしまう程の魅力。マクロビオティックや真理に触れるものたちはそういうものという気がします。いつか自分のプロジェクトの名前にしたいと思っていたinorinoと私にとってのパラダイムシフトの象徴の水槽、奏でるという字をあてて。

2013年02月

購入したもの。
松山朋未さんのイヤリング5000円
fujii+fushikinoさんのワンピース31000円
アーバンリサーチの白のキャミソールとノースリーブ2900円弱
GAPのネオンカラーのカーディガン3200円弱

一点ものと大量生産品。

両極端なものを同じ日に買った。否応無しにその商品の価値と価格について考えさせられたし、自分の中で基準を作ることにつながったようにも思う。 例えばお菓子を大量買いして埋めるように食べる時、その価格はだいたい1000円弱。それは3回分でサトウアサミさんのテキスタイルのポーチの価格になる。5回なら松山さんの耳飾りが買えるということ。

インナー以外ほぼSALEでしか服を買わない私は、大抵の場合妥協と共に服を買っている。例えばそれは3万円で6万円分の服や服飾小物を買えたりすること。確かにお金が無い、あるいは定価の価格を出してでも買いたいと思うものに出会えない時、けれど買う必要がある時時はいいと思う。

が。 その3万円は本当に心から素敵だと思い、大好きだと思い、ずっと着ようと思って買うフジイフシキノさんのワンピース1着分と同じくらいの価格なのだ。妥協の3着と、本気の1着。どちらを大切にするかなんて、どちらを着た時に心か踊るかなんてわかりきっている。

この冬私は雪山で3週間過ごした。SALEで買った防寒着達にはとても助けられたし、雪山からおりてきてからも、むしろ降りてきてからの方が寒さの中で引きこもりがちな私の生活を変えてくれたし、そのためにとても愛着が湧いている。そういうこともある。

だからセールで買うものがすべてダメなわけじゃないし、一生の出会いのような買い物じゃなかったとしても、大切にすることができるし愛着が沸くこともある。

しかし。 この喜びとときめき。 久しぶりに寒い時期に春物を買い、服を眺めながら暖かくなることを心待ちにするこの感覚。 これからはこんな気持ちと一緒に生きていきたい。 時が満ちてきた。そんな気持ちと一緒に生きていける時が。

結局、今まではものを厳選して買うエネルギーがなかった。そんな心の余裕のような余白のような、自分の人生を大切にしようという気持ちがなかった。やっと満ちてきた。大切にしよう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

私は世界平和を願っている。桜満開の中でみんな笑顔みたいな、世界中みんな笑顔みたいな世界を。

だけど、
私周りの人に肉食をやめようなんて、言わない。
脱石油していこうなんて、言わない。
原発のことも、言わない。

私たちがごく当たり前のものだと思っている生活が世界中の人を、動物を、いろんな命を奪い取って成り立っているものだなんて言わない。日本は戦争をしていないと思っているかもしれないけれど、戦争というものを経済という型にはめこんで、戦争に見えないようにしているだけで、自分たちの欲望のために奪い殺していることは進行しているのだと、同時に、私たちも命を奪われ搾取されているのだと、言わない。

なぜ言わないのか。

それは今まで書いてきた記事のような思いがあること、人はみんな、自分の速度で学んで行くものだと思っているから。忘れているけれど生まれる前に決めたそれぞれのカリキュラムを一つ一つ学んで行っていると思っているから。そして世界を平和にするには自分の心を綺麗に、クリアにして行くことが一番の近道だと思っているから。だった。そうだった。

だけど。

さっきジョンレノンのhappy xmasのPVをみて素直に思ったんだ。 世界平和を叫びたいって。 もう、いいじゃない。 肉なんか食べなくたって、奪い合わなくたって、もう十分に繰り返したじゃないって叫びたくなった。訴えたくなった。もうやめようよって。

多分こんな、瞬間の、純粋な気持ちなら相手に伝わるのかもしれない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

『夜寝る』
少しずつ元気になってきた。 このまま回復したいものです。 完全に落ちた後は、一気に元に戻るのはなかなか厳しい。 少し上がってはまた落ちて、下手すれば、もといたところより落っこちて。 誰かのために何かしないと上がって来れません私の場合。 他人を心配すること、気にかけて思いやること。 それができれば孤独じゃなくなります。

ひとつひとつ元気だった時の習慣を戻していって、 金曜日までたどり着きました。 コンタクトとか、メイクとか3回の食事とか夜寝ることとか 音楽とか本とか…落ちるとすべて放棄。 今は夜寝ることと家に帰ってから課題をやること意外は回復 課題はなにが何でも今日から手をつけるので、 問題は夜寝れるかどうか。 ゆっくり半身浴でもしてホットミルク飲めば眠れるだろうか。 この週末、朝起きて、3食食べて夜寝るリズムを狂わせなければ来週は元気な自分に戻れるはず。 そして、いくつかの提出物をクリアして文化祭を迎えたい。

そして心からのおつかれさまを。

このページのトップヘ